ピンサロ求人の応募とその後

○ピンサロ求人に応募すべき人材

お金が必要だと考えている女性の中にはピンサロ求人に応募しようとしている人もいるだろう。ただ「私は地味だから」「太っているから」「かわいくないから」と自分のコンプレックスに不安を感じている人もいるだろう。しかし求人を出すピンサロ店で働くうえで、このようなことは気にする必要はない。なぜなら風俗店は全国様々なところに存在し、業種もソープランド・デリヘル ホテヘル・性感マッサージなど多岐に渡る。そのため全国にある風俗店数や風俗嬢の人数は相当数あると思われる。一説には学校のクラスの女子の一人は風俗嬢ということだ。 つまり様々なタイプの女の子が存在するため、コンプレックスを感じることはない。自分と同じコンプレックスを抱えている人もおり、それが自分よりも大きなものだがそれでも「ガハハ」と笑い飛ばして堂々とピンサロなどで働いている人もいると思う。だからこそ、そのようなことは気にしないで欲しい。 それにピンサロ求人の資格欄に「容姿端麗」という表記があるわけではない。それよりも相手のことを思いやれる心、手を抜かず仕事を一生懸命に行う姿勢、このような部分がある人の方が重宝される傾向にあるようだ。そのようなものを持っている人であればピンサロ求人に応募してみても良いだろう。

○ピンサロ求人の面接と撮影

ピンサロ求人に応募してあってもないようなピンサロ店の面接を無事受け終わった私は、早速体験入店したことを宣伝するためにグラビア撮影をすることになった。人前で水着になることに少しだけ抵抗はあったものの、これからは裸でサービスするのだから水着程度で恥ずかしがっていちゃダメだと思いなおして、お酒は飲んでいないが勢いで洋服を脱ぎ捨てて写真を撮り始めたのだ。初めはどんな顔をして写れば良いのかわからなかったのですが、カメラマンが優しくリードしてくれたおかげでそれなりに見られるものに仕上がった。写真撮影を終えた私は講習を受けるかどうかの確認をされたのだが、これから同じ職場で働く人へサービスを提供することはさすがに恥ずかしいと感じたので拒否した。拒否するとさわやかなお兄さんは残念そうな顔をしましたが、頭を切り替えて私へ指名があるまでは個人の待機部屋にいてください。と私に言ってその場を離れました。その去る背中がOLと講習したかったなぁと物語っていて何だかおかしかったです。こうしてピンサロ求人で応募したお店での仕事が始まった。

ピンサロ求人が分かるサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です